フケがやばい※カサカサ頭皮から出るフケを改善した方法

フケが止まらないので悩んでいました

「フケがやばい・・・辛い・・・」

以前からフケはあったのですが、ここ最近はさらにフケがひどくなっていました。

 

毎日お風呂にはいってシャンプーしているのに、しばらくすると頭皮が乾燥してカサカサしてしまうのです。

特に冬場は乾燥がひどくてすぐに細かいフケが落ちてきちゃうし、外出時には気づいたらフケが襟や肩に落ちていることが多くて、またそれを他人に見られることへのストレスもあり本当にイヤでした。

なにをどうしてもフケが出てきちゃうので気が狂いそうでした。

 

フケを止めるためにいろいろと試しましたが、その中でやっと効果がある方法と出会って長年フケで悩まされていたことから解放されました。

私と同じくフケで悩んでいる人に参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

フケがどうして出てくるのか調べてみました

フケはもともと古い角質のため、剥がれ落ちるのが通常です。

カラダは常に新陳代謝を行っていてその流れの中で出てくるものなので、フケが出ること自体は普通のことなんです。

ですが、大量に出てしまうというのは頭皮に異常があることが多いです。

 

フケは大きく2種類あり、ひとつは乾性、もうひとつは脂性と呼ばれています。

乾性のフケは頭皮が乾燥して出てきてしまうフケで、シャンプーの刺激での頭皮の炎症や乾燥による潤い不足が原因と考えられています。

一方、脂性のフケは皮脂が必要以上に出過ぎてしまったり、頭皮の免疫が弱くなり雑菌が繁殖していることが原因です。


両方の原因に共通していることは、皮脂量と頭皮環境を正常にすることでフケの大量発生を防げるということです。

 

皮脂量と頭皮環境を正常に戻すにはどうしたら?

皮脂は地肌の潤いを保ったり、ホコリや細菌から肌を守ったりする役割があります。

私の場合は皮脂を必要以上に洗い流して、逆に頭皮の乾燥を起こしているかもしれないと考えて、シャンプーを見直すことにしてみました。

シャンプーは頭を清潔に保つ反面、必要以上にシャンプーしたり地肌にあっていないシャンプーや洗浄力がきついシャンプーを使い続けると刺激がありすぎて皮膚にダメージが出てしまいます。

そのため無添加や低刺激のシャンプーを使ってみることにしました。


また、頭皮は顔や背中と繋がっていて肌の一部分ですので、肌の新陳代謝を正常にするために、食事にも気をつけました。

乾燥対策にいい食べ物として、血行をよくするビタミンCやビタミンEが豊富なピーマン、ブロッコリー、キウイ、かぼちゃ、豚ロースなどですね。

逆に肌に悪いコーヒーや揚げ物、生野菜などは、新陳代謝や遅らせたりカラダを冷やしてしまうため避けるようにしました。


この食事を意識することは思ったよりも難しいことで、仕事中や外出時に食事をするときなどどうしても実践することができずに逆にストレスを感じるようになっていました。

そして自分の肌にあうシャンプーがなかなか見つからないことにもイライラや焦りが募っていきました。

 

雑誌にも載っていた天然由来100%のシャンプー

食事やシャンプーで頭皮環境を良くしようと思ってもなかなか結果が出ないでいたときに、ファッション誌を見ていたら

「悩みだったフケがなくなった」

という口コミのシャンプーが紹介されていてとても興味を持ちました。


「天然のハーブで作られてしかも髪と同じアミノ酸系の洗浄剤だから頭皮には優しそう。でも初めてのシャンプーでまた合わないで頭皮が荒れたりしたらイヤだし・・・」

とちょっと躊躇してしまいましたが、他に良い方法がなかったので思い切って試してみました。


最初のうちはいままで使ってみたシャンプーと特に変わりない感じでしたが、2週間くらいたった頃から徐々にフケの量が少なくなってきたんです。

1ヶ月を過ぎたころには頭皮のカサカサも良くなり、フケもほとんど目立たなくなりました。


これには本当に嬉しかったですね。

 

また予想外で良かったのが、思いもしなかったんですが頭皮環境がよくなったせいか髪が綺麗だねと褒められることが増えました。

髪を褒められたことは今まで1度もなかったので、女性としても自信が持てるようになりました。


市販のシャンプーよりは値段が少し高いので引いちゃうかもしれないですが、シャンプーは毎日使うものなのでしっかりしたものを選びたいですよね。

肌に使うものなので個人差が出てくるとは思いますが、少なくとも私には合っていました。

フケがやばくて本当に煩わしかったんですが、今ではその悩みから解放されて毎日幸せな気持ちで過ごせています。

 

ハーブガーデンの詳細をみる>>